ミオレックス
(菱電化成株式会社製)

ミオレックスは素材の持つ断熱性、機械的強度、電気絶縁性に優れており、断熱材としての広く知られています。
高耐熱で材料にアスベストが含まれていないので安全性も高く、セラミックに比べると安価でありコストパフォーマンスに優れています。
高い断熱性によって放熱量を減少させ、大きな省エネ効果が得られます。
金型の温度分布の一定化、成型機本体への熱伝導を抑え、金型や成型機の寿命を延ばすことが出来ます。
一方で、切削加工するにあたり刃物の消耗が激しく、加工時の欠け、剥離が起こり易く脆い特徴があります。
加工時の取り扱いは注意が必要な材料であり、加工費が高価な分類になります。

当社では主に、PMX-561、PMX-562、PMX-573、PGX-595などの加工実績がございます。
詳細については、お問い合わせください。

image
  • image
  • image
  • image
  • image

ミオレックスシリーズ

PMX-573

耐熱特性と経済性を兼ね備えたグレードです。

PMX-561

高耐熱性と経済性を兼ね備え、幅広い用途に対応できる汎用性の高いグレードです。
当社では当品番をメインに在庫しております。
食品衛生法合格材料のPMX-562も取り扱いしております。

PGX-595

シリーズの中では耐熱性・機械的強度・寸法安定性等に優れた信頼性の高いグレードです。

スペック表

※横にスクロールしてご覧ください。

単位/条件 PGX-595 PMX-573 PMX-561
耐熱性 ℃(目安耐熱温度) 400 250 500
曲げ強さ(層に垂直) MPa(層に垂直、基材長さ方向) 130~145 100~150 45~55
MPa(層に垂直、基材幅方向) 120~130
圧縮強さ(層に垂直) MPa 420~480 150~200 120~150
圧縮強さ(層に平行) MPa 45~70
アイゾット衝撃強さ J/㎝(層に平行、基材幅方向) 1.5~2.5
シャルピー衝撃強さ J/㎠(層に垂直) 2.5 1.5 1.1
ヘキ開強さ kN 2.0~3.0
吸水率 %(水中浸漬24hr後) 0.1 2.0~5.0 4.0~6.0
熱伝導率 W/m.k 0.3 0.3 0.3
熱膨張係数(層に垂直) 1/℃ 2.3X10-5 6.6X10-6 9.0X10-6
比重 J/(g・K) 2.0-2.1 2.0-2.2 2.0-2.2
貫層破壊電圧 MV/m 10~20
体積抵抗率 Ω-cm 4hr/150℃乾燥後 1015 1012 1014
Ωーcm 100hr/25℃ 90%吸湿後 1013 107 109
  • ※スペック表の特性は標準特性であり保証性能ではありません。